悪玉菌の正体

悪玉菌は腸内で有害物質を作り、腸壁の細胞を、長い年月をかけて傷つけていきます。

それがやがて「がん」を引き起こしたり、肝臓を弱らせたりするわけです。

肝臓機能の低下によって解毒が間に合わなくなると、有害物質は身体中に回ってしまいます。

これが生活習慣病や老化につながるのです。

 

また、悪玉菌は腸内をアルカリ性にするので、免疫機能を下げる事態も招くことになります。

さらに悪玉菌が優位に立つと、おならが臭くなったり便秘が起こったりします。

 

しかし、悪玉菌は決して不要な菌ではありません。

なぜなら善玉菌は悪玉菌と戦うことで、その効果を発揮してくれるからです。

悪玉菌がゼロになればいいわけではなく、実はバランスが大切なのです。

とにかく乳酸菌や食物繊維を多く含んだ食事の摂取、ストレスのかからないような生活スタイル、

睡眠不足を防ぐ、適度な運動など、心身共に健康的な毎日を送ることが腸内細菌の善玉菌を優勢に

バランスを保ち続けることが大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...