ヒト由来細菌とは

人の腸内細菌は、腸の上にさらに何重にも細菌が重なっている。

この叢がりながら棲みついている状態を「腸内フローラ」または「腸内細菌叢」と呼んでいる。

その数は何度もご紹介していますが、ヒト一人に約100兆個、種類はなんと2,000~3,000種類と言われています。

(少し前は、2,000種類と言われてました。どんどん発見され確認されています。)

 

腸内細菌は生物ですから、我々のお腹の中で生きています。

腸内細菌も生きるために栄養をとらなければいけないわけです。

それは我々が毎日食べている食物をつかっています。

すなわち我々ヒトは、自分の体のためと腸内細菌のために、毎日食事をしてるのです。

そして腸内細菌は、腸内の環境を整え、我々が健康を維持していくのに欠かせない様々の物質を作り出して、我々の体に供給してくれています。

 

この、ヒトの消化管に棲みついている細菌を「ヒト由来の細菌」といいます。

つまり、ヒトと腸内細菌は、お互いのために存在しあう深い共生関係の上に成り立っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...