病気のもとを作らないために

様々な病気の原因があります。

樹木で最も大切な部分は””ですね。

ヒトで言えば、です。

樹木の枝や幹はヒトで言えば、骨格に当たり、葉は酸素や二酸化炭素を交換するので、肺に相当します。

また、樹液は血液やリンパ液になります。

木の栄養分や水分は”根っこ”が土壌から吸収します。

例えその上が枯れても木は再生します。

この”根っこ”がヒトにとって小腸なのです。

小腸には、”根っこ”と同じように絨毛と言うひげ根が無数に有り、栄養吸収細胞として、栄養分を吸収しています。

さらに小腸の奥にバイエル板という、リンパ装置があり、様々な免疫細胞が活性化されています。

生体に入った細菌やウィルスを食べてくれるマクロファージや御存知のがん細胞を殺してくれるNK(ナチュラルキラー)細胞などたくさんの免疫細胞が作られている。

よく言われる「小腸が免疫の源」のゆえんです。

ですから、「小腸に良い食事」をして免疫細胞を元気にし、病気にならない体づくりをすることが、とても大事になります。

また酵素や水素を有効に作用させるためにも小腸を大切にし、悪い食べ物を避け、良い食べ物を摂りましょう。

http://terai6.wix.com/colo

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...