小腸が免疫の源

小腸にある「腸管免疫」を活性する。

は栄養素を分解・吸収している大事な大事な臓器です。

働きはそれだけでなく、有害物質や病原菌などあらゆる異物を食い止める関所でもあります。

免疫細胞の一つにリンパ球があります。そのリンパ球の70%以上が小腸に集まっています。

そして、腫瘍免疫(がん細胞に特異的に働く免疫)は,80%が小腸にあります。

これを「腸管免疫」といいます。

 

その代表とするのが「バイエル板」で、小腸の壁の内側にあるリンパ集合組織のことで、強力な免疫組織です。

有害物質は、粘膜から侵入することが多いのでので、小腸は細菌や有害物質が体に入る侵入口になります。

「バイエル板」は危険な侵入者かチェックし、侵入者がいればその情報を全身に伝えて厳戒態勢に入る。

したがって「腸内免疫」を活性化させれば、体全体の免疫力を強力に向上させることができます。

だからこそ、人体最大の免疫臓器である”腸”を健康に保つことが必要になります。

 

食物繊維と酵素で、善玉菌を増やし腸内環境を整えましょう。

食物繊維を多く含む昆布、などの海藻類、シイタケ、シメジ、キクラゲなどのキノコ類、梅干し、納豆などの発酵食品、オリゴ糖を含むタマネギ、ニンニク、ゴボウ、キャベツなどの野菜類、これらを積極的に摂ることを心がけましょう。

http://terai6.wix.com/colo

 

投稿者: terasan

ステージ4だったガンの「5年説」を乗り越え、元気に生活をしています。これからは皆さんに少しでもお役に立てるようにと勉強してきたこと、経験をしたことを踏まえて、病の方、病後が心配の方、予防・未病を考えている方、関心はある方にお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...