セロトニン効果でストレスを緩和

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質の1つで、セロトニンが、きちんと分泌されていると落ち着きや心地よさ、満足感などを感じることができる。

逆にセロトニンが不足してしまうと、精神のバランスが崩れてしまい、イライラしやすくなったり、なんだか、気持ちがモヤモヤしてしまったり、落ち込みやすくなったり、暴力的になったり、ひいては、うつ病を引き起こしてしまいます。

セロトニンはまさしく、どんな薬やサプリメントよりもストレスに対して効能があり、みずからの体内で自然に精製される特効薬なのです。

人間の体内でセロトニンの約95%が腸内細菌で作られます。

 

自律神経が乱れたり、うつ状態になった人は、タンパク質を多く含む食品を食べたり、太陽光に当たったりして規則正しい生活をしてセロトニンを増やすことが重要です。

ですから腸内細菌の量が少なかったり、腸内のバランスがくずれていれば、セロトニンを増やすことが出来ません。

 

人間の免疫システムは1万年前からほとんど変わっていない。

体に良くない菌が入ってきた時に「やっつけろ」と指令をだすのは、脳ではなく腸内のセロトニンです。

ビックリですよね、指令は何でも脳からと思っている人が多いのではないでしょうか。私もそうでした。

他にもセロトニンは腸管を収縮させる役割も持ち、さまざまな効果を発揮する重要な脳内神経伝達物質なのです。

セロトニンやドーパミンは、タンパク質を構成する物質であるアミノ酸から作られます。

またセロトニンの前駆体にするには、何種類ものビタミンが必要です。

この前駆体は、腸内細菌にしか作れません。

 

うつ病にかかっている患者さんは、100万人を超えたと言われています

腸内細菌を増やし、バランスを整えて感情を安定させましょう。

 

 

投稿者: terasan

ステージ4だったガンの「5年説」を乗り越え、元気に生活をしています。これからは皆さんに少しでもお役に立てるようにと勉強してきたこと、経験をしたことを踏まえて、病の方、病後が心配の方、予防・未病を考えている方、関心はある方にお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...