「健康長寿」ブログの開設

 ステージ4からの生還

健康(元気)で、長寿(長生き)は誰もが考えていること。

私は、2009年の7月2日に「中咽頭ガン」で入院をし、手術か化学療法のどちらかの選択をしなければなりませんでした。

大変なことでは手術も化学療法も一緒だといわれましたが、手術の場合は声が出なくなるので化学療法にしました。

そして3か月の入院、5クールの治療を予定したが、免疫力の低下で5クール目は中止をしました。

それでも神様、仏様は「ステージ4」の私を救ってくれたのです。もちろん家族や親せき、友人、病院関係者のお蔭と感謝しております。

あれから5年経過しました。よく言う「5年説」を乗り越えたのです。退院時のように私は喜びました。そして皆様に感謝しました。

ありがとうございます。うれしい!!

 

 信じられないことが・・・

ところが何ということでしょう、その間に兄も同じ「下咽頭ガン」になり、あっという間に他界してしまいました。

「ステージ4の私のガンは消滅し、発症初期の兄が亡くなってしまったのです」信じられません。

なぜということしか頭には残りませんでした。

 

 「腸内細菌」とコッカス菌

退院してからの私は、抗がん剤を飲み副作用と闘いながら、「ガン」や「健康」についてのセミナー・講習会に積極的に参加しました。

ガン治療法などは日進月歩をしています。治療方法はそれとして、もっと基本的な身体に良いことはないかと追及してみました。

すると 答えは腸そのものでした。消化管の長さは口から肛門まで10mあり、地球上に生物が誕生して以来、

ずっとつながりを持っていたのが腸なのです。

その腸の中の細菌(腸内細菌)がとても健康に影響を及ぼしてしていたのです。

腸内細菌の研究が進み「人の命は腸が9割」「人の健康は腸内細菌で決まる!」など今やTV、書籍、マスコミで話題になっています。

その腸内細菌を活発化(通常の100倍~10万倍)させ免疫力を高め、血液をサラサラにし、さらに血管内壁のコレステロールを流してくれる、

コッカス菌がとても良いと結論が出たのです。

 

 このブログの趣旨

長くなりましたが、私や兄のような苦労(もっと苦労されている方は、たくさんいらっしゃる)は、私だけで十分と思い

少しでも皆様にお役にたてるように、このブログを立ち上げました。

私や兄のがん闘病記を顧みながら身体と腸内細菌の働き、食生活の改善、身体によいことを投稿していきます。

老若男女を問わず、病にかかっている方、病後が心配の方、予防・未病を考えている方、興味のある方は是非参考にしてください。

 

ホームページ http://www.terai6.wix.com/colo

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...