肉体も見た目も若い”ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニーは、1942年生まれで70歳を超えています。
先日、再来日し、武道館でエネルギッシュに全28曲を披露したことは記憶に新しい。
実はポールは、1970年頃から動物愛護の観点から、菜食主義者になりました。
それからのポールは、現在も若い頃のスタイルをキープしているようです。

ポールの言葉抜粋
英国だけでも2年後には菜食主義が2倍となるだろうという調査結果が出ました。
お肉を食べることが健康や環境に影響を与えていると気づいた人たちの間で  ”穏やかな菜食主義”  が広がってきているからです。僕は長い間、肉を食べていませんので、ベジタリアンにおける立場の変化を直接見てきました。

ポールはベジタリアンになることを選択して40年以上になります。
その結果が、若々しい見た目とはつらつとした元気さに現れているのですね。

ポールはベジタリアンになってから、動物の肉を一切食べなくなりました。
彼の主張は、動物、特に牛を食べなければ、牛を育てるための飼料も節約できるし、さらには牛の放つゲップ(二酸化炭素の排出源となり、地球温暖化を進める一因)も削減できるので、「エコ」にもつながるというものです。

しかし、徹底したベジタリアンでは、健康をそこなってしまいます。
タンパク質が不足し、筋肉の崩壊を招き、免疫、特にリンパ球の栄養分のグルタミンの枯渇が生じる場合がある。
そこでタンパク質不足を魚で補い、魚が摂れなければ、豆腐や納豆などの植物性タンパク質で補えば良いのです。

いつみても、カッコイイですね、ポール・マッカートニー

 

 

 

投稿者: terasan

ステージ4だったガンの「5年説」を乗り越え、元気に生活をしています。これからは皆さんに少しでもお役に立てるようにと勉強してきたこと、経験をしたことを踏まえて、病の方、病後が心配の方、予防・未病を考えている方、関心はある方にお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...