5A DAY (ファイブ・ア・デイ)ご存じですか

日本人は、米国人に対しジャンクフードの好きな国民というイメージを持っています。
たしかに昔はそうだったようです。しかし、今は違います。
「5A Day]は、1991年から、アメリカのPBH(農産物健康増進基金)とNCI(米国国立がん研究所)が協力して始めた健康増進運動です。

「毎日5皿以上の野菜と200g以上の果物をとれば、がん、心臓病、高血圧、糖尿病などの生活習慣病のリスクを低減できる」という「5A Day」運動が官民一体で始まりました。

3年を経過すると効果は明らかになりました。
野菜や果物、豆類の摂取が明らかに増加し、がんによる死亡率が目に見えて減少した。
また生活習慣病での死亡率が減少傾向になるなど、この運動の成果が広がっています。こうした実績を受け、日本でも2002年にファイブ・ア・デイ協会を設立しました。

日本のファイブ・ア・デイは「毎日5皿分(350g)の野菜と200gの果物を食べましょう」をスローガンに食育活動を推進しています。

野菜・果物が、代表的な生活習慣病である脳卒中や虚血性心疾患、また発症する部分でも異なりますが、がんのリスクを低下させるとする疫学的研究は多く発表されています。

WCRF(世界がん研究基金)とAICR(米国がん研究財団)による報告では、非デンプン性の野菜は口腔・咽頭・喉頭がん、食道がん、胃がんの発がんリスクの低下に“ほぼ確実”と報告されています。

日本はこの時期に米国と反対のことをしていました。
野菜の摂取量を年々減らし肉類が主な主食となりました。
結果、1995年、一人あたりの野菜の摂取量は、アメリカ人が日本人を上回り、がんの死亡率は日本人がアメリカ人を上回るという現象が起こりました。

この結果が明らかにしたように、また、いろいろなメディアが伝えているように野菜や果物が、がんの発症を抑制していることは明らかです。
とにかく毎日、少しでも摂取量を多めに取るようにしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...