「神の手」の腸

腸に侵入してくる物すべて異物と判断され、体内に入れてよいかどうか区別されます。

その決定を下すのが、小腸の壁です。
腸は内なる外」だから弱酸性に保たれて、細菌を殺したり、繁殖させないためです。

その小腸の壁となる腸粘膜には「絨毛」(じゅうもう)と呼ばれる細かな突起がビッシリと生えています。
絨毛の表面には更に細かな突起がブラシの毛のように並んでいます。
この細かな突起を「微絨毛」と呼び、私達が食べたものは、この微絨毛から吸収されます。

微絨毛の膜には、消化の最後に働く酵素があって、栄養素はこの酵素によって最小単位に分解され体内に取り込まれます。

腸の粘膜は体に必要な栄養素を吸収し、不要な物質や毒素の侵入を拒むといった機能を備えています。
このような選別機能を持つ腸の微純毛は「神の手」ともたとえられています。

さて、栄養素を分解する酵素が出てきました。
もちろん酵素は身体にとって、無くてはならないものです。
酵素の働きを活性させてエネルギーを創りだすのにも、腸の活性化が必要になるのです。

また、免疫細胞の一つにリンパ球があります。
全身のリンパ球の70.%以上が小腸に集中しています。
腫瘍免疫(がんに特異的に働く免疫)は、全身の80%が小腸にあります。
これを「腸管免疫」といい、その代表組織が「パイエル板」と呼ばれる集合リンパ節です。

「神の手」や「パイエル板」など腸特有の免疫システムは、機能の活性化のために、ある生き物の力を借りています。

その生き物こそが、腸に棲みついている20,000種以上、1,000兆個以上もの「腸内細菌」です。

だからこそ、人体最大の免疫臓器である腸を健康に保ち活性させることが必要になるのです。
そのためには、善玉菌を増やし腸内環境を整えることです。

 

http://terai6.wix.com/colo

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: terasan

ステージ4だったガンの「5年説」を乗り越え、元気に生活をしています。これからは皆さんに少しでもお役に立てるようにと勉強してきたこと、経験をしたことを踏まえて、病の方、病後が心配の方、予防・未病を考えている方、関心はある方にお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...