腸内細菌とは・・・

腸内細菌って何??

そもそも生物が地球上に現れたのは40億年以上も前。

海で生まれたその生物は体の表面からミネラルなどを吸収する単細胞の微生物でした。

やがて、栄養価の高い他の生命を捕食する細胞が生まれ、多細胞となりました。

そして、さらに効率よく生き延びるために器官を作りました。それが、です。

 

ヒトの体は、約60兆個の細胞からなりたっている

腸には、約1000兆個の細菌が活動している。

 

いわば、もう一人の自分がいるわけです。

腸内細菌学はフランスの偉大な科学者、「ルイ・パストゥール」(1822~1895)が1885年に発表した

「人間の体内に生息している細菌は、我々の生存にとって必要なものであり、これなくして生命の

維持は困難である」との考えを示し、腸内細菌有用論の歴史はこの時から始まったと言われている。

 

腸が「元気」なら、ヒトはハツラツとし、健康寿命を延ばし免疫力も増強します。

たとえ病気になっても、それを克服する力を元気な腸は与えてくれます。

 

ホームページ http://terai6.wix.com/colo

 

投稿者: terasan

ステージ4だったガンの「5年説」を乗り越え、元気に生活をしています。これからは皆さんに少しでもお役に立てるようにと勉強してきたこと、経験をしたことを踏まえて、病の方、病後が心配の方、予防・未病を考えている方、関心はある方にお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...