話題沸騰の「腸内フローラ」革命!

「腸内フローラ」の文字が賑わしています。
それもそのはず、世界中の国家プロジェクトが始動し、研究が盛んに行われ、新しい発見が次々と発表されています。

「腸内フローラ」とは、腸内細菌の生態系のことで「腸内細菌叢」とも呼ばれます。
がんや糖尿病、肥満や老化、アレルギーといった体のあらゆることに関係していると
言われています。

「腸内フローラ」のフローラは「お花畑」のことで、お花畑にはたくさんの種類の花が咲いているように、腸内にたくさんの種類の細菌が生息しています。

その数は、数年前までは、500種・100兆個と言われていました。
ところが培養検査によって近年発達した遺伝子解析の結果、30,000種・1000兆個も生息していることがわかってきたのです。

母親の胎内にいるときは、腸の中には細菌はいません。
生まれたあとに母親からの母乳をはじめとして様々な細菌が体内に入り込んできます。
従って、置かれる環境によって人それぞれの「腸内フローラ」ができあがっていきます。
腸内細菌の種類も構成比も千差万別です。

「腸内フローラ」には善玉菌と呼ばれる”乳酸菌”、悪玉菌と呼ばれる”大腸菌”など、どちらつかずの日和見菌が生息しています。
このバランスがうまくいくと腸内細菌は十分に働き身体の恒常性が正常に保たれ成人病になることもないのです。病気も快方に向かいます。

腸内細菌の世界的権威の辧野義巳しは、「腸内フローラは、私たちの健康だけでなく、寿命さえも左右していると言っても過言ではありません」と解説をしています。

「腸内フローラ」を元気にし健康(元気)で長生きをしましょう。

「健康長寿本舗」http://www.coccus.co.jp

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...