縄文人の長寿

縄文人は、早死する人が多く、平均寿命は30歳前後と今までは、言われてきました。

ところが2010年に聖マリアンナ医科大学長岡朋人講師が「出土人骨の推定年齢から、

65歳以上が全体の30%以上を占める」と発表した。

http://www.jsps.go.jp/seika/2011/vol1_001.html

鳥浜貝塚などの発掘調査から、縄文人の便の量は1日1000グラムと推定された。

雑穀や野菜、果物、木の実や海藻類が主食の縄文人は、その便の量から推測しても

長寿だったようです。

 

人間は、火を使うようになってから多くの病気が増えました。

それは、食物酵素の不足から起こるものです。

火を使うようになったネアンデルタール人は、既に関節炎が出ていたことが発掘された

人骨から証明されている。

「火食は過食に通ずる」

 

 

投稿者: terasan

ステージ4だったガンの「5年説」を乗り越え、元気に生活をしています。これからは皆さんに少しでもお役に立てるようにと勉強してきたこと、経験をしたことを踏まえて、病の方、病後が心配の方、予防・未病を考えている方、関心はある方にお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...