腸内細菌の分け方

腸内細菌には「善玉菌」と「悪玉菌」がいて、どちらかが優勢になると優勢の菌に加勢をする「日和見菌」の3つに分けられます。

「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」と分けられていますが、便宜上のことで本来

細菌には、善悪はない。

ここ数年の遺伝子研究の進展で、たくさんのことが解明されています。

間違いなく人間の腸は「栄養を吸収して食物のカスを排泄する」だけでなく、

ビタミンや酵素、ホルモンまで合成して産生しています。

 

免疫細胞も腸に有り、なんと体の免疫システムの70%を担っているのです。

 

健康を保つには、「善玉菌」を増やして、腸内を「日和見菌」の加勢を受けた「善玉菌優勢」の

状態にしておく必要があるのです。

 

悪玉菌はゼロにすればいいわけでなく、少なめが望ましい。(これ重要)

例えば、大腸菌は体に有害な病原菌が腸に入ってくると、素早く察知して退治するための番兵のような役割を持っています。

ただし、大腸菌は腐敗菌の一種なので、増やしすぎれば病気を引き起こす原因になります。

大腸菌を増殖させなければ良いのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...