理想の大便

人間の体は、死んだ菌と生きている菌を排出して腸内のバランスを維持しています。

従って、大便の大きさは、腸内細菌の多さと比例しています

戦前の日本人は、かなりたくさんの大便をしていました。

 

戦前の日本人・・・・400グラム

現代人・・・・・・・・150グラム

便秘がちなOL・・・ 80グラム

 

戦前の日本人は、食物繊維をたくさんとっていたのです。

ですから、欧米人よりも量は多かったようです。

大便は、バナナのような形、ツヤのある黄土色、あまり臭いがきつくないものが理想とされてます。

 

戦後は食の欧米化によって食物繊維の摂取量が減り大便の量も少なくなった。

食物繊維を意識してたべましょう。

 

投稿者: terasan

ステージ4だったガンの「5年説」を乗り越え、元気に生活をしています。これからは皆さんに少しでもお役に立てるようにと勉強してきたこと、経験をしたことを踏まえて、病の方、病後が心配の方、予防・未病を考えている方、関心はある方にお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...