食物繊維は最高のデトックス(解毒)

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類のものがあります。

水溶性の食物繊維は、昆布やワカメなどの海藻類

りんごやみかんなどの果物、イモ類、キャベツやダイコンなどの野菜類に含まれています。

水に溶けるために腸内で粘りのある状態になり、有害物質を大便として出してくれます。

 

不水溶性の食物繊維は、玄米などの穀類、大豆、インゲン豆などの豆類、ゴボウなどの根菜類、エビやカニの表皮にも含まれる。

水に溶けず、腸内で水分を吸収して膨らみ、腸の蠕動運動を盛んにします。便秘も予防してくれます。

不溶性の食物繊維をたっぷり摂っておけば、悪玉菌の毒素が腸内にたまることはない。

食後の急激な血糖値の上昇を防ぎ、コレステロールの吸収を抑えたり、高血圧も予防をしてくれるのです。

最高の最高のデトックス(解毒)効果を持つのです。

 

食物繊維の摂取量を増やすのは、「100gの食前キャベツがよい」と言われています。

キャベツは水溶性と不溶性の両方の食物繊維を含んでいるからです。

 

 

 

 

投稿者: terasan

ステージ4だったガンの「5年説」を乗り越え、元気に生活をしています。これからは皆さんに少しでもお役に立てるようにと勉強してきたこと、経験をしたことを踏まえて、病の方、病後が心配の方、予防・未病を考えている方、関心はある方にお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...