女性の憧れ”痩せすぎ”危険です

毎日のように、ダイエットに関する広告やサプリメント等の広告が流れています。 まるで永久のテーマのようですね。

しかし、とんでもない落とし穴があることをNHKのクローズアップ現代が実証してました。

今年(2015年)、やせた女性の割合が過去最高を記録。
今や女性の8人に1人が「やせすぎ」だというのです。

なんと必要摂取量カロリー1950Kcalに対し実際の摂取カロリーは1500Kcal未満という、これでは低カロリー者が増え続けるだけです。

「(朝食は)プロテインとサプリ。」

「夜ごはん、あんまり食べなくなりました。」

と、合言葉にならなければ良いのですが、美しさと健康は両立できないのでしょうか。

今、やせすぎがもたらすさまざまな健康への悪影響。
それによる社会的負担の増加などが指摘され始めています。

しかし、当の女性たちは、やせすぎをあまり問題視していません。
番組は、やせすぎの女性に対し今よりもっとやせたいと願う理由を尋ねたところ、3人に1人が「健康によいから」と答えたのです。

人間の体は極端な低カロリー状態に置かれると、
 カロリーの消費を抑えようと筋肉を減す。
 さらに、代謝を促す甲状腺ホルモンの分泌が減り、全身の代謝が落ちる。
 すると食欲が湧かなくなり、活動量も下がり、さらに筋肉量が低下。
こような負のスパイラルに陥るのです。

やせすぎると、冷え性や疲れやすくなるなど体に悪い影響を及ぼすとしています。

もっと恐ろしいのは、

体への影響は女性本人にとどまらず、次の世代にまで及ぶことも明らかになっています。
やせて栄養状態が悪い母親から生まれる子どもは、出生時の体重が低くなる傾向があります。

日本では現在、2,500グラム未満の低体重児の割合が、先進国の中で最も高い10%近くに達しています。
問題は、低体重児は生まれながらに生活習慣病のリスクを背負う可能性があることです。

アメリカで行われた調査では、出生時の体重の低い子どもほど、将来、糖尿病を患うリスクが高く、特に2,500グラム未満で生まれた子どもは極めて高いことが分かりました。
その理由は、最新の研究によると、母親の体内にいる時、脂肪などの栄養分をより多く蓄えようとする体質がプログラムされやすいからだと考えられています。
こうした体質は生まれたあとも引き継がれ、ほかにも心筋梗塞など生活習慣病のリスクが高まるというのです。

やせてる状態のままで高齢期を迎えていってしまうと体重の負荷もかからないから、そのあと骨も丈夫になっていかない。
さらに高齢になると、やっぱり骨粗しょう症の問題が出てきます。
筋肉が減っていってしまうから抵抗力も免疫力も落ちていく。
ほんとに怖いですね。

ヨーロッパでは、やせすぎに対する批判が強まっています。
モデルの中には拒食症で死亡するケースもあったためです。
イギリスでは今年7月、細すぎるマネキンに対し市民から抗議の声が上がり撤去されました。
フランスでは、やせすぎモデルの起用を禁じる法律が下院を通過。

日本でも、丸の内の企業が1日2000Kcalを摂取する。
BMIは18を目標にする。
やせすぎ対策が始まりました。

本当の「美」とは何か、「健康」とは何かを見つめる時が来たようです。
将来の自分子供達、孫、ひ孫まで大きな影響を及ぼすことを認識するべきです。

NHKクローズアップ現代より抜粋

お腹ポッコリの「停滞腸」

口から肛門まで、私たちのカラダの中の腸は、いわば1本のパイプのようなものです。

このパイプで食べた物がきちんと消化・吸収・排泄されることによって私たちが生きているのです。
人間の体の中に、このパイプが真直ぐな一本であったら、何にも難しい事は無いのです。
私たちの体の中はとても複雑にできていて、小腸はまるで絡み合ったスパゲッティのように言われてます。
大腸は下から上へ、右から左へ、上から下へと小腸を囲むように1周しています。

小腸はおもに消化・吸収し、大腸は水分の吸収と排泄をします。
そして、便が排泄されるために、結腸から大蠕動(だいぜんどう)が起こり便は直腸まで運ばれます。
直腸に便が運ばれると便意が起こります。
便意は内蔵感覚の一つで、恐ろしいことに長年下剤を服用していると自然の便意が消失して、下剤なしでは排便することが難しくなります。
直腸に便が運ばれると直腸の壁が膨らみ、その刺激が脳に伝わり腹筋の収縮が始まります。

このように、消化・吸収・排泄するためには、この腸の運動がきちんと行われているかどうかが重要になります。
ところが、最近の傾向として、この消化・吸収・排泄するために必要な腸の運動が弱い「停滞腸」を持つ人が男女ともに増えています。
お腹がポッコリとしているような状況になります。

「停滞腸」になると腸内に老廃物が停滞しやすくなり、そこから血管を通って老廃物が全身に回っていくと言われています。

その結果、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルをはじめ、頭痛、肩こり、疲れやすさ、だるさ、下腹部の張り、腹痛などの原因になります。
「停滞腸」は、運動不足やストレスからも陥るケースも多い。
体が冷えると交感神経が優位になり本来副交感神経の働きが鈍くなります。すると腸官の運動が抑制されたり、血管は収縮して血行が悪くなり腸への血流も減少をしてしまいます。

とにかく、歩くこと、風呂の湯船にゆっくり時間をかけて入浴する、欠食はしない、野菜・果物を積極的に食べる、外食を控えるなどのことに注意しましょう。

なんといっても腸が元気でなければ、身体全体が活発になりません。
健康の源の腸内細菌を元気にしましょう。

www://terai6.wix.com/colo

 

山梨県棡原地区の「逆さ仏」!

山が険しく、四方八方が山深い渓谷、段々畑や急な斜面に点在する家々がある、すり鉢型の土地が山梨県棡原(ゆずりはら)地区です。

その棡原地区は、一昔前は日本で一番の長寿村で有名でした。

大した病院もなく薬屋もない状態で、若者を始め80歳から90歳過ぎまで、段々畑で野良仕事をし、薪割りや落ち葉拾いから家事までをこなしていた。

段々畑の野良仕事は大変な重労働だが、逆に足腰が鍛えられ心臓や内蔵も強くなったのではないかと想像される。

食べ物は麦、そば、きび、あわ、こんにゃく他雑穀、豆、里芋、
ジャガイモ、サツマイモ、山芋、柿他果物野菜、卵、鶏肉、山鳥の肉、熊、イノシシの肉、牛山羊の乳、
イナゴ、蜂の巣(子)等々アマゴ、イワナ、ヤマメ、ウグイ、ハヤ、ナマズ、ゴリ他カジカ類、等々
一般には粗食と言われてはいるが、戦前戦後の都会の食事に比べ野山川の非常にバランスが取れた食事をしていたと思われる。

近所の診療所は上野原町まで行かなければない状態で、3時間~4時間かかり、少々のことでは病院や薬屋には行かなかったようです。

そんな日常でも、ガンや認知症には罹らず、元気に長生きをしていた。
いや、そんな日常を送っていたので元気な日本一の長寿村になったのでしょう。

体調が悪い時でもドクダミ、ゲンノショウコ、センブリ、イタドリ、オオバコ、草の根、木の皮・・・等を煎じたり、貼ったりして癒していた。

野良仕事して家に帰り縁側に座ったままで他界したり、孫、ひ孫の子守、赤ちゃん抱いたまま極楽大往生した103歳のおばあちゃんもいた、他界するときは1~2日、長くて2~3ヶ月で大概方はあまり苦むことなく天国に旅たって逝かれた。

ところが、近代化が進み先端医療が受けられる病院ができ、道路も整備され、老人ホームの車が毎日何度か廻って来てくれるようになり、健康で長生きする人がもっとたくさん増えると思っていたが、想像もできないようなアレルギーや癌、認知症に罹る人が増え、すっかり一昔前のような元気なおじいちゃん、おばあちゃんが少なくなってしまった。

また、若者たちが癌、糖尿病他生活習慣病に罹り、早世する者が増え、爺さん婆さんの方が生き残ってしまう“逆さ仏”現象になってしまった。

食生活が昔からの伝統食から欧米化したなど原因はいくつもあるのでしょうが、非常に残念な事態です。

このことを教訓にして、食生活、運動を見直しましょう。

「逆さ仏」:親よりも子供の方が先に亡くなることを言います。

現在の長寿県日本1は長野県です。

http://terai6.wix.com/colo

40歳以上の男女1200人に聞きました

去年の日本人の平均寿命は男性が80.21歳と初めて80歳を超え、女性も86.61歳と2年連続で世界1位となったことが分かりました。

あらためて、平均寿命とは、現在における死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、今後出生する人が何年生きられるかという期待値です。

ですから、よく間違えるのは「私は今、40歳だからこれから46年生きられる」という会話です。
あくまで、「平均寿命の発表のあった年に生まれた人」が対象なのです。

もう一つは健康寿命

「健康寿命」というのは、WHO(世界保険機構)が平均寿命から要介護状態になった期間を差し引いた年齢。いわゆる死亡までの期間を意味する寿命とは異なり、寿命の中でどれだけ「健康な期間」があるのか、という尺度。

日本人の健康寿命は、男性 70.42歳  女性 73.62歳 (2010年調査)
なんと男性は10年近く、女性は13年もの間、寿命が尽きるまで介護が必要になっています。

そこで、次のような興味ある調査結果あります。
「健康に関する調査」を40歳以上の既婚男女1200人に実施してみました。

「健康寿命」という言葉を知ってますか・・・知っている14%

「健康寿命」を意識してのばしたいですか・・・のばしたい74%

何歳まで生きたいですか・・・80~84歳

配偶者よりも長生きしたいですか・・・長生きしたい45%
                           男性 34%
                           女性 57%

この高齢化社会では「長生き願望」は注目の集めることですね。

そして人も生き物、少しでも長生きしたいと思うことが当たりまえですね。

腸内細菌を活発化させて「健康長寿」しましょう。
http://terai6.wix.com/colo

 

「神の手」の腸

腸に侵入してくる物すべて異物と判断され、体内に入れてよいかどうか区別されます。

その決定を下すのが、小腸の壁です。
腸は内なる外」だから弱酸性に保たれて、細菌を殺したり、繁殖させないためです。

その小腸の壁となる腸粘膜には「絨毛」(じゅうもう)と呼ばれる細かな突起がビッシリと生えています。
絨毛の表面には更に細かな突起がブラシの毛のように並んでいます。
この細かな突起を「微絨毛」と呼び、私達が食べたものは、この微絨毛から吸収されます。

微絨毛の膜には、消化の最後に働く酵素があって、栄養素はこの酵素によって最小単位に分解され体内に取り込まれます。

腸の粘膜は体に必要な栄養素を吸収し、不要な物質や毒素の侵入を拒むといった機能を備えています。
このような選別機能を持つ腸の微純毛は「神の手」ともたとえられています。

さて、栄養素を分解する酵素が出てきました。
もちろん酵素は身体にとって、無くてはならないものです。
酵素の働きを活性させてエネルギーを創りだすのにも、腸の活性化が必要になるのです。

また、免疫細胞の一つにリンパ球があります。
全身のリンパ球の70.%以上が小腸に集中しています。
腫瘍免疫(がんに特異的に働く免疫)は、全身の80%が小腸にあります。
これを「腸管免疫」といい、その代表組織が「パイエル板」と呼ばれる集合リンパ節です。

「神の手」や「パイエル板」など腸特有の免疫システムは、機能の活性化のために、ある生き物の力を借りています。

その生き物こそが、腸に棲みついている20,000種以上、1,000兆個以上もの「腸内細菌」です。

だからこそ、人体最大の免疫臓器である腸を健康に保ち活性させることが必要になるのです。
そのためには、善玉菌を増やし腸内環境を整えることです。

 

http://terai6.wix.com/colo

 

 

 

 

 

 

 

納豆で免疫力を高めよう!

さて、前回予告の通り、どのようにしたら免疫力を高められるか。

免疫のシステムは2通り

自然免疫・・・すべての生物が持っている(単純なシステム)
獲得免疫・・・進化した生物だけが持っている(複雑なシステム)

この自然免疫のTRL(トール・ライク・レセプター)を発見した頃(1990年)、以降から白血球の働きを中心とした従来の考え方が見直され、自然免疫を土台にした新しい免疫のモデルが構築されようとしているようです。

生命は単純な構造を土台にしたほうがずっと「強い」。

腸と食を考えることが免疫力=生命力につながります。
(腸がしっかり栄養を取り込んで細胞が元気であれば自然免疫もスムーズに働きます)
もちろんいろいろな要素があります。

一言ではどれが腸内細菌に良いかは言い切れないのが現状です。

しかし、菌とのつながりは、「発酵食品」が良いと言われてれています。
お腹(腸)の状態は食べるもので、大きく変化し心と体の健康に影響を与えます。

ここでは、発酵食品の特に納豆を取り上げてみます。
納豆には免疫力を高める作用があります。
納豆には「納豆菌」があり、「納豆菌」は枯草菌と同じ分類の細菌の一種です。
枯草菌は、自然界に見られる土壌菌の仲間です。
私達の腸には、3万種、1000兆個の腸内菌が住み着いていますが、その大半が土壌菌に属する菌です。

腸の最大勢力の一つの土壌菌を腸に入れることは、腸内細菌の活性を高め免疫力を向上させることです。

さらに、納豆菌などの枯草菌が硬い殻に覆われていることで、胃の中を通りぬけ生きて腸まで届きます。
腸に届くと殻を破り、腸にいる仲間の菌たちを刺激して、元気づけます。
骨粗しょう症や更年期障害を予防する「イソフラボン」
悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす「レシチン」
カルシウムの吸収をうながす「ビタミンK」
強力な酸化力(悪玉活性酸素を無毒化)を持つ「ビタミンE」を備えています。

お腹がペコペコの時に、熱い味噌汁をすすると、お腹がスーッと落ち着きホッとする事がありますね。
この心地よさは、まだ、科学的にはっきり検証できていませんが、「乳酸菌に対する腸の反応」かもしれません。

自分のハラの感覚を大事にして、食事を考え、見なおしていくことが大事であるように思います。

 

 

 

「免疫力」が高い人は、とても若~い!

あらためて免疫とは

病原菌などの外敵から身を守って病気になるのを防いだり、かかった病気を治そうとしたりすることです。
この免疫力の力が、元気で長生き、若返りに重要なのです。

免疫の働き

  1. 老化防止:新陳代謝を活発にし、機能低下や細胞組織の老化を防ぐ。
  2. 健康の維持:疲労や病気、ストレスによるダメージから回復して強い心身を築く。
  3. 感染防衛:風邪や食中毒などを起こすウィルスや細菌から感染を防ぐ。
    病気の原因となるウイルスの毒性を弱めたり活動しないように処理して体内に入れ、抗体をつくる。

人体で最大の免疫器官は腸です。
なんと免疫の70%を腸が築いているのです。

腸の内壁には無数のひだがあります。
このひだの表面は絨毛(じゅうもう)と呼ばれる突起でびっしりとおおわれています。
なんと広げるとテニスコートの2面分もあるのです。
その内壁の細胞の1つ1つから、異物をキャッチするセンサーが伸びています。
このセンサーはTLR「トール・ライク・レセプター」と呼ばれ、菌やウィルスなどをキャッチすると周囲の細胞に知らせます。
周囲の細胞は知らせを受けると異物を退治する物質を分泌します。

食べ物と一緒に運ばれてきた善玉菌(乳酸菌)は、TLR2を刺激して腸の防御力をアップします。
このようにして、腸内の免疫力を活性化しているのです。

こうした細胞1つ1つに備わる防御機能のことを「自然免疫」と呼ばれています。

免疫というと、すぐに白血球を思い出しますが、まずは自然免疫センサーで細胞が初期段階の防御をしています。白血球による防御機能(獲得免疫)は、菌やウィルスなどをキャッチする「抗体」を製造するまでに時間がかかります。この間にしっかり単細胞生物の時代から原始的な防御機能の自然免疫が働くのです。

腸の働きが元気であれば、「免疫力が高い」ということです。
さらに言えば、それが、「生命力が高い」ということです。

これが、新型インフルエンザやO-157のような病原性大腸菌などの感染症対策がわかるようになり、生命力も高くなるわけですから、感染症だけでなく病気そのものにたいしても考え方が変わってきます。

こうしたことから、腸と免疫の関係を理解し「元気に生きる」ことになるのです。

それでは、どのようにして腸を元気にして免疫力・生命力を高めるか・・・次回

 

 

 

重要な内臓感覚

内臓には、心臓、肺、胃や腸などがあります。
これらに感覚があるのはご存知でしたか。
内蔵は太古から「記憶・リズムが封入された器官」と解剖学者の三木成夫先生が説いています。

内臓感覚は、動物進化の初期から存在しており、またわれわれの日常的な生活の前提になっている感覚でもあるので、かえって気づきにくく、これまで解析されることが少なかった。

これらは内部の腹部、胸部、頭部などの臓器から生ずる感覚と言えます。

意識にのぼる内蔵感覚としては、内臓痛、灼熱痛、圧迫感、食欲、空腹感、口渇感、尿意、便意、性感覚(性欲)などがあります。

内臓感覚には臓器感覚と内臓痛覚に分けられます。

内臓感覚は、腸内細菌の生態系、いわゆる腸内フローラとも深い関係があります。しかも高い相関で有機酸濃度が高いほど症状が悪くなる。
腸内の細菌をうまく変容させることによって、短期的には症状も改善できるし、長期的には気分を変えられることになります。

研究が非常に少ないのが現状で、まだ解明されていない、人を健康にしているファクターがたくさんあるはずで、そのいくつかは、内臓感覚の中に答えがあるのかもしれません。

腸の機能低下にともなって、内臓感覚が低下してくることのようです。

腸の機能低下を防ぐことも大事になります。

5A DAY (ファイブ・ア・デイ)ご存じですか

日本人は、米国人に対しジャンクフードの好きな国民というイメージを持っています。
たしかに昔はそうだったようです。しかし、今は違います。
「5A Day]は、1991年から、アメリカのPBH(農産物健康増進基金)とNCI(米国国立がん研究所)が協力して始めた健康増進運動です。

「毎日5皿以上の野菜と200g以上の果物をとれば、がん、心臓病、高血圧、糖尿病などの生活習慣病のリスクを低減できる」という「5A Day」運動が官民一体で始まりました。

3年を経過すると効果は明らかになりました。
野菜や果物、豆類の摂取が明らかに増加し、がんによる死亡率が目に見えて減少した。
また生活習慣病での死亡率が減少傾向になるなど、この運動の成果が広がっています。こうした実績を受け、日本でも2002年にファイブ・ア・デイ協会を設立しました。

日本のファイブ・ア・デイは「毎日5皿分(350g)の野菜と200gの果物を食べましょう」をスローガンに食育活動を推進しています。

野菜・果物が、代表的な生活習慣病である脳卒中や虚血性心疾患、また発症する部分でも異なりますが、がんのリスクを低下させるとする疫学的研究は多く発表されています。

WCRF(世界がん研究基金)とAICR(米国がん研究財団)による報告では、非デンプン性の野菜は口腔・咽頭・喉頭がん、食道がん、胃がんの発がんリスクの低下に“ほぼ確実”と報告されています。

日本はこの時期に米国と反対のことをしていました。
野菜の摂取量を年々減らし肉類が主な主食となりました。
結果、1995年、一人あたりの野菜の摂取量は、アメリカ人が日本人を上回り、がんの死亡率は日本人がアメリカ人を上回るという現象が起こりました。

この結果が明らかにしたように、また、いろいろなメディアが伝えているように野菜や果物が、がんの発症を抑制していることは明らかです。
とにかく毎日、少しでも摂取量を多めに取るようにしましょう。

 

 

夏場の腸内環境を整えよう

k記録的な猛暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
うだるような暑さの中、クーラーの効いた部屋で冷たいものを飲む、食べる事が一番ですが、
とても寒がりの腸は悲鳴をあげて、くたくたになり夏が終わる頃には、体調を崩してしまいます。

温かくして飲むとは言わないまでも、せめて常温でいただくことを心がけましょう。

日頃注意すること
・クーラーや冷たい食べもので体を冷やさない。
・夏休みでも夜はきちんと寝る。寝る2時間前は食べるのを控える。
・ストレスは腸の大敵。腸は精神状態に左右されるので毎日笑って過ごすようにする。
・腸内環境を悪化させる「動物性タンパク質」「過剰な糖分」「精製食品」などは控える。
・色の濃い野菜や果物、食物繊維をしっかりとる。
・酵素の豊富な発酵食品や火を通していない生の食べ物を食べる。

・良質の水分をたっぷりとる。
 摂取する水分が少ないと便が硬くなってしまいます。
 1日1.5リットル~2.0リットルを目安にして飲みましょう。
 特に夏は、要注意です。通常よりさらに多めに飲みましょう。
 飲み物や食べ物から摂取した水は、小腸で90%吸収され、最後に大腸に到達して便に吸収されます。すなわち水を飲んでも全てが大腸に行くわけではないのです。
 
 熱中症の予防にも水分は必要ですが、便を柔らかくする為にも水は欠かせません。
 がぶ飲みしないで、ちょこちょこ飲むほうが効果的です。

 

「健康長寿」 http://terai6.wix.com/colo